迷った時?!優先する条件とは

条件を複数挙げることは上手なお部屋選びの方法なのですが…

暮らす部屋としての賃貸物件を探す時、住みたい部屋の条件を複数考え、その条件に合った部屋を選ぶことは上手なお部屋選びの方法です。
しかし、その希望の条件の数が多ければ多いほどその条件にマッチした物件を探すことは難しくなります。最寄り駅からの距離や家賃に加え、最近では安全面を重視したオートロック、快適な通信環境が整ったブロードバンド完備など、物件により多種多様な条件がありますから、その取捨選択も困難なのです。
そのような多くの物件の中で自分の条件に合ったお部屋を選ぶにはどうすればいいのでしょうか。住む人の生活スタイルや性別によって優先される条件は大きく変わってきますから、実例を挙げて考えてみましょう。

住む人によって優先する条件は全く異なる

例えば、若い女性が1人暮らしをするような場合に最も優先される条件は安全面を重視した物件ではないでしょうか。オートロックやカメラの付いたインターホンなどの設備面もさることながら、駅からの距離の短さやそのルートの人通りが多い方が安全性が高く、女性向きの物件だと言えます。
また、家族で暮らす家を賃貸で探す場合は安全性に加えて暮らしやすさも優先される条件となります。小さな子どもがいる場合は幼稚園や小学校うとの距離、日常の買い物をするスーパーなどの距離も外せない条件となるでしょう。
一方、家事をあまりしない男性の一人暮らしの場合は先に挙げた女性や家族での暮らしとは違い、部屋での快適性を優先することもできます。インテリアにこだわった物件やバイクなどのガレージのある趣味に特化した物件などもありますから、迷った時は自分のニーズの高い方の物件を選べばよいでしょう。